免疫力アップに不可欠なサプリや成分│手軽に摂ってウィルス撃退

視力改善や老化防止に

果物

近年では日本でもよく食べられるブルーベリーですが、原産国は北アメリカです。日本に伝わったのは、比較的最近で1951年と言われています。ブルーベリーはツツジ科に分類される果樹で、青い実がなるため、ブルーベリーと呼ばれるようになりました。ブルーベリーの効果として、最も有名なのは、視力改善、眼精疲労改善です。その他にも老化防止や整腸作用などの効果が有名です。ジャムなどの加工品は、手軽にいつでも摂取できますが、アントシアニンなどの栄養素が一番多く摂取できるのは何といっても生食です。採れたての熟したものをジュースやスムージーにする場合は、黒ずみ防止のため、レモンを加えるとブルーベリーの綺麗な色が保てます。

ブルーベリーには、様々な栄養素が含まれています。その中のアントシアニンは、目の網膜にあるロドプシンという成分を助ける効果を持っています。白内障や遠視にも良い効果が得られるといったデータもあります。また、増えすぎると老化の原因となる活性酵素を取り除く抗酸化作用もあり、がん予防や老化防止にも役立っています。抗酸化作用をもっている果実の中では、ブルーベリーはダントツの一位だと言われています。その他に食物繊維やビタミンも豊富に含まれています。ブルーベリーに含まれるビタミンAは鼻や目の粘膜を保護する役割があり、花粉症などの症状を和らげてくれます。美味しく手軽に健康になれる食べ物として、ブルーベリーは非常に優れていると言えるでしょう。