免疫力アップに不可欠なサプリや成分│手軽に摂ってウィルス撃退

老化を抑えます

グラス

温めるときの工夫

老化物質の活性酸素を除去してくれるとして人気の水素水ですが、本来水素は水には溶けにくい物質です。圧力をかけたり、特殊な方法で水に水素を封じ込めています。そのため、水素水を外気にさらしていると、すぐに水素が抜けてしまうので封を開けたらすぐに飲むようにしてください。夏には冷たい水が、冬には温めて飲みたいものです。アルミパウチに入った水素水はそのまま冷やすとアルミ特有の臭いが気にならなくなります。体を冷やしたくない人は常温で飲んでももちろん問題ありません。水は温度が低いほど水素などの気体を溶けやすくします。そのため、温めて飲む時には、封をあけずにアルミパウチのまま温めて下さい。グツグツと沸騰するほど温めてしまうと封を開けると一気に水素が抜けてしまうので、じわじわと温めて封を開けたらすぐに飲みきるようにしてください。

わかりやすい効果

健康のために飲む健康飲料は青汁のように青臭さが気になったり、酵素ドリンクは熱に弱いため温めることができなかったり、黒酢は温めると臭いがきつくなったりと飲みにくいものです。一方、水素水は味も臭いもほとんどなく、温めても冷やしても問題ないため、一年中継続して飲みやすいため人気になっています。効果がわかりやすく、短時間で効果が期待できる事も水素水が人気になっている理由です。体内の活性酸素は体内の物質を酸化させてしまい老化を進めます。水素水の活性水素は体内で活性酸素に出あうと即座に反応して水になります。しかも、善玉と悪玉の活性酸素があるのに対して、他の抗酸化物質は善玉も悪玉も区別なく除去してしまうのに対して、水素水は悪玉の活性酸素にだけ反応します。